2018年2月18日

美容院で泣き叫ぶ子供

昨日、髪の毛を切ってもらいに行きました。

いつも行くのは、我が家から近いイーストランド・ショッピングセンター内にある美容院で、そこのマネージャーも務めているアジア系のLさんに切ってもらいます。

昨日は事情があってLさんが休憩中だったため、30分くらい待ちました。

私が待っている間にやって来たのが、若い両親に連れられた4〜5歳の男の子。

髪の毛を切られるのが嫌な様子で、泣き叫び、真っ赤になってわめき続け、時に暴れるのです。若いお父さんがしっかりと抱きかかえていて、とても優しく「大丈夫だよ」「すぐに終わるよ」と励ましているんですが、美容師が髪の毛を切ろうとすると狂ったようにギャオギャオと泣き叫ぶのです。

涙とよだれでグジョグジョになっていました。

店の前を通る人達もジロジロ見ていくし、何ごとかと店内を覗きに来る人もいました。

私もその子の様子が気になったので、時々見ていました。お菓子を食べさせてみたりして、落ち着いて静かになったところで再び髪の毛を切ろうとすると、その度にどうにもならない状況になりました。

その子の髪の毛はクルクルにカールしていて長く伸びてはいましたが、「そんなに嫌がっているんだから無理して今日切らなくてもいいのに」「また日を改めて来ればいいのに」と、私は思っていました。

男の子のあまりに凄まじい泣き声に、見ず知らずのおじさんが店に入って来て、若い両親に何やら意見していました。会話の内容は聞こえませんでしたが、こんなに嫌がっているのだから無理をするなというようなことだったのでしょう。

ショッピングセンター中に、あの子の泣き声が響いていただろうと思います。

うるさいどころじゃなくて、その子の様子からすると美容院でのヘアカットがトラウマになりそうなレベルでした。

その時、Lさんがそっと教えてくれたのです。

「あの子は自閉症なんです…」

ああ、そうだったのか。

Lさんの話によると、その子以外に、同じように自閉症のためにヘアカットが大変な常連の子がもう一人いるそうです。でも、その子は11歳でもっと大変なんだそうです。

マネージャーのLさんは、男の子の髪の毛を切ろうとしている美容師のアシストのために、私のヘアカットを度々中断しました。

その子の若い両親も、美容院のスタッフも、辛抱強く頑張っていました。

こういう時、私にできることは、病気を持った子供とその家族のことを理解してあげることだけです。

「なんだあの子は、ギャアギャアうるさいなあ」と思った自分を少し反省しました。

お帰りの前に1クリックを!



2018年2月17日

敗北を受け入れた朝

私の負けです。

ハーブ畑の一部に植えてあったケール、特にタスカンケール(Tuscan Kale あるいは Cavolo Nero)が、毎日毎日あおむしに食べられて、

オーガニックにこだわって殺虫剤を使いたくないからと、あおむしを捕まえては草地へ放り投げるというのが日課になり、

老眼鏡をかけてまでして探して、多い日には60匹も見つけ、

美味しい所ばかりを食い荒らされるもんだから、

とうとうある日、怒りにかられて、卵を産み付けに来たモンシロチョウを叩き落として踏み潰し、

はっと我に返って、

「私、自分が怖い。憎しみにかられて何をするかわからない。もうだれも殺したくないのに…」(ナウシカ風に)

と、つぶやく。(泣)

見よ!

このケールを!



美味しいところは、残っていないんだよ。

今シーズンまだ一回しか収穫できていないんだよ。

やめだやめだ!

完全オーガニックはもうやめだ!

殺すよ、私。

チョウチョのどこが可愛いの?

はらぺこあおむし憎むべし!

あいつらは害虫なのよ!

お帰りの前に1クリックを!



2018年2月16日

無料で眼鏡を手に入れた夫

一ヶ月ほど前だったか、夫の眼鏡のフレームが折れました。リーディンググラス(別名: 老眼鏡)がないと仕事に支障が出ます。商品の箱に書かれた細かい文字はもちろんのこと、コンピューターの画面もぼやけて見えませんから。

夫は早速く、その眼鏡を購入したOPSMの店に持っていきました。あいにく、一年間の保証期間が少し過ぎたところでしたので、無料で交換という訳にはいきませんでしたが、新しい同じフレームを注文しました。レンズは問題なかったので、フレームだけが必要だったのです。フレームが届いたら電話で連絡をしてもらう手はずでした。

ところが、一週間以上たっても連絡がない。

いくらなんでももう届いているはずだからと、夫がOPSMの店に行ったところ、注文したフレームが発注されていないと分かりました。注文を受けた女性は、夏休みを取ってお休み中で、正確なことは分からなかったようですが。

仕方なく、もう一週間待つことに。

今度はちゃんと連絡の電話がありました。

夫は眼鏡を受け取りに行きましたが、預けてあったレンズがまだ取り付けられておりませんでしたので、しばらく待ってくれと言われ、夫は時間をつぶすために本屋へ行きました。しかし、眼鏡なしでは何も見えないのでした。

再びOPSMの店に戻ると、ナント注文したフレームはサイズが間違っていてレンズが入らないとのこと。再び正しいサイズのフレームを発注するから、もう一週間待ってくれと。

普通なら、ここでOPSMはお客を一人失います!

いや一人ではすまないな。

おそらく私も息子も、もうOPSMを利用するのを止めるだろうから、お客を三人は失っていたはずです。

昨今は、OPSMより格安で眼鏡を作ってくれる店が次々にオープンしておりますし、競争が激しいのですからね。

そこで、OPSMは、おわびに同じ度数の老眼鏡を無料でもう一セット作ってくれたのでした。

こうして新しい眼鏡を二つ手に入れた夫は、大喜びです。

うちの家族は、長年このOPSMの店を利用しておりまして、目の検査もいつもここでしていますから、これまでの検査記録や夫と息子のスターガルト病(Stargardt Disease)関係の記録もここにあるのです。

温厚な性格の夫は、これほど待たされても実は怒っていませんでしたけど。

まあ、無料でもう一つの眼鏡というのは、OPSMにとって必要な処置だったと思います。

お帰りの前に1クリックを!



2018年2月15日

世界一簡単な靴下のかかとの編み方(2)

つま先からでも、履き口からでも良いので、かかとの位置まで編み進めてください。甲側の目を残して、かかと側の目だけを編んでいきますよ。

注意: かかとを編む目数は、全体の半分でなくてもOKです。かかとが大きい人や、かかとを大きめに編みたい場合は、目数を多めにすれば良いのです。

このサンプルは、太目の糸で編んでいます。かかと側の目数は24目です。


1.左端に1目を残して、端から2番目の目までを編む


ひっくり返して、編んだ2番目の目は編まずに滑り目にして、3番目の目から裏編みで編み進める。


先ほどと同じように左端に1目を残して、端から2番目の目までを編む。


ひっくり返して、編んだ2番目の目は編まずに滑り目にして、3番目の目から表編みで編み進める。



2.左端に2目を残して、端から3番目の目までを編む


ひっくり返して、編んだ3番目の目は編まずに滑り目にして、4番目の目から裏編みで編み進める。


先ほどと同じように左端に2目を残して、端から3番目の目までを編む。


ひっくり返して、編んだ3番目の目は編まずに滑り目にして、4番目の目から表編みで編み進める。


3.同様にして、左と右の両側で同じ目数を段々に減らしていく


大体、かかと側の目数の三分の一ずつにします。



4.ここで一周ぐるりと表編みをする

普通に表編みで一周すると、段になっているところに穴が開くので、段のところは二目一度をしていきます。

左側は左上二目一度にします。段になっている目とその真横の目(同じ段の目)を一緒に編みます。


一周編んで来たら、右側の段々を編みます。右側は右上二目一度です。

右側も同じく、段になっている目とその真横の目(同じ段の目)を一緒に編みます。


一周ぐるりと編んでかかとの真ん中まで戻ったところ。



5.同じこと(1から4)をもう一回繰り返す

2回目の段々ができました。これは左側。


右側はこんな感じ。


段々ができたら一周ぐるりと表編みをします。段になっているところに穴が開かないように、左側は左上二目一度、右側は右上二目一度しながら一周ぐるりと表編みをすると、かかとの完成です。



これよりもっと簡単で、絶対に穴が開かないかかと編みがあったら教えて下さい。


お帰りの前に1クリックを!



世界一簡単な靴下のかかとの編み方(1)

YouTubeで靴下のかかとの編み方を探すと、様々な方法の編み方を見つけることができますが、「世界一簡単なかかとの編み方」などと銘打ってある編み方もあるんです。

例えば、日本でも有名かもしれないノルウェーの男性二人組「アーネ&カルロス」さんが紹介する「世界一簡単なかかとの編み方」は、ぜんぜん簡単じゃないんですよ。

かかとの位置に捨て糸を1段編み込んでおいて、全体を筒状に完成させた後にその捨て糸をほどいて目を拾い、そこにつま先と全く同じやり方でかかとを編むんですがね、目を拾うのも面倒だし、かかとの横に穴が開くんです。

私は、かかとの編み方をいろいろ研究した後に、絶対に穴が開かなくて丈夫な「かかとの編み方決定版」を本ブログでも紹介しましたが、あれは「ラップ&ターン」や「ラップした糸をねじって目を作る」や「二目一度」などの技が必要です。

前日、超初心者だとおっしゃる方が、決定版のビデオはちんぷんかんぷんだったとコメントされていたのを見て、ワタクシ発奮しました。

超初心者でも編める、簡単な靴下のかかとを考えたのです。

見た目が良く、
穴が開かなくて、
ちゃんとかかとにフィットする、

むずかしいこと&面倒くさいこと一切なし!

の、かかとの編み方です。

現時点で私が一番簡単だと思っているかかとの編み方でございます。

二段式ですが、悪くないでしょ!(かかと部分にもっと多めに目を取って大きめに編むべきだったかも…)



履き口から編む方法でも、つま先から編む方法でも、どちらの方法でも使えます。

必要な技は、表編み、裏編み、右上二目一度、左目二目一度の4つ。

それでは、やってみましょう。

(編み方へ続く)

お帰りの前に1クリックを!